パイネ国立公園で人生を思う


ついにパイネ国立公園にやってきた!「トーレス・デル・パイネ」でパチリ。

今、プンタ・アレーナスにいます。

プエルト・ナタレスでは、南米パタゴニアのハイライトの1つ、パイネ国立公園をトレッキングして来ました。

私達が行ったルートは「トーレス・デル・パイネ」への往復ルート。

「トーレス・デル・パイネ」の朝焼けを望む、これが私達の目的でした。

≪初日≫

【午前7:30】
宿にJBA社のパイネ国立公園行きバスがPickup。
バスの窓から見えるパイネの雪山に興奮。
当日は最高に晴れていたので、登る前から写真を取りまくり。

本日は快晴なり。バスの中から取った写真。

【午前10:40】
トレッキングスタート!
私もけんぽこも、格好は一見ハイキング仕様。
でも今回フィッツ・ロイでの雨に見舞われたのを学習する。
で、前日に一応ビニールのレインコート購入。キモチ安心。

ハイキング姿で頑張る私達。

【午前12:54】
ひたすら山を登ったり下ったり。
途中、お腹も空いてきたのかキノコに反応!(たくさん生えてました)

天気が良かったので、歩くのもキモチが良い。

【午後1:53】
トーレスキャンプ場Campamento Torresに到着。
早速、テントを張って喜ぶ。(でも、ちょっと狭い)
お腹空いたので、食料を広げて食べちゃう。

今回の2人用のテントは起き上がると少し窮屈。

こんな感じで、やっぱりハイキング気分の私達ですが、翌日の早朝は夜明け前の暗いうちから歩き出そうと考えて、下見として「トーレス・デル・パイネ」まで1時間弱かけて登りに行きました。

もう頂上のほうは岩山だらけのかなり急な道。でも上からの景色は絶景でした。

頂上付近は岩がゴロゴロ。

【午後5:21】
登頂後、トーレスキャンプ場Campamento Torresに到着。
結局、この日はほぼ1日歩きました。
お腹が空いたので、ご飯を食べて就寝。

私達にとんでもないことが起きようとは、この時はまだ何も知らずに・・・。

≪2日目≫

【午前5:55】
起床(「ゴーゴーゴー!パイネ!」に起きようというけんぽこの案)

【午前6:20】
「トーレス・デル・パイネ」へ向けてスタート。

【午前6:51】
まだ登り途中の段階で、朝焼けの岩山が見える。
あれ?もう赤くなってる?と焦る。
(この時、けんぽこは既に急いで先に歩いている)

もう既に赤い!まだ頂上まで15分以上あるのに!!!!

【午前7:20】
「トーレス・デル・パイネ」到着。
朝焼けは全く消えている。雲が多かったの?ナゼ?
ガーン!!!!!!

午前6:30頃に登り始めて朝焼けを見たという旅行者に出会い、少し早めに起きたつもりが、それでも全然遅かったようです。もう少し早く登っていたら、一瞬でも朝焼けに照らされた全体を見れたかと思うと無念・・・。

けんぽこはとても残念だったようで、どうしても朝焼けが見たいらしく「もう1泊するか」と言ってきました。
私はもう下山しても良いし(このマイナス意見は却下されたけど)、他のルート行っても何でも良かったので、「けんぽこが見たいなら、それで良いよ」と、もう1泊して、もう一度翌日の早朝にまたリベンジすることにしました。

けんぽこには、情熱大陸のテーマが流れているようです。

けんぽこ、味噌汁を飲みながら翌日のリベンジを考えてる?

明日、雨降らない保障も何も無いけどね・・・。

≪3日目≫

【午前5:00】
起床(かなり早く起きました)

【午前5:30】
トレッキングスタート。
星が出ている!雲が無い!
確実に朝焼けが見れる!と足取りが速くなる。

【午前6:13】
霜が降りていると思ったら、雪が積もっている。あれれれ?

登れば登るほど、霧が増えてきて、雪が積もっていて、昨日とは別世界。
朝焼けどころか、辺りは雪景色。
昨日と同じ暗闇の中を歩いているとは思えない、すごく幻想的な世界でした。

積もっていた雪の上を歩く私。

私の心の中は、「もうこれは、朝焼けはないな。けんぽこ無念!」
と思っていたのですが、ちょっとその情景に感動してみたり。

登頂してから朝日を待つも、雲が多くて真っ赤に染まるパイネの朝焼けは見れませんでした。

雪山の中を歩いているときに思ってたのが、山を人生で例えるなら、天候は人生における環境や出来事で、自分ではどうにもできないもの。
自分がどんなに頑張って登っても、天気が悪い時はあるし、晴ればかりじゃないと。
でも次の機会には晴れると信じて、また頑張って登ることができれば良いと思う。
結果ではなく、その前向きな気持ちがあれば、心が晴れていれば、良いんじゃないかなーなんて、しみじみ1人で思いながら歩いていたら、、、、

突然、けんぽこが発した言葉。

「雪、うめぇーーーーーーーーーーー!!!」

雪食べて喜んでました。

朝焼け見れなかったのは、まあ良しとしたようです。

かたや私は「この人となら、どんな状況でもやっていける」と改めて思ったりして。
くだらないことなんだけど、そんなたわいの無いことで何かを思うことってあるよね。

まあ、とにかく、こんなポジティブな旦那で良かったと♪

で、頂上では、お湯を沸かして紅茶を飲んだり、写真を撮ったり、寒さにブルブルしながらダラダラしていると、なんと!岩山に朝日が射してきました!!!

紅葉にも雪が積もってキレイだった。そんな雪を鍋に入れてお茶にしたり。

ほんの1分程でしたが、それはそれは黄金に輝くキレイな山が見えました。

強烈な朝日でどんどん岩山が金色に!

私達は結局、キャンプ場から「トーレス・デル・パイネ」までの険しい道を3往復しましたが、紅葉だったり、雪景色だったり、太陽に照らされてキラキラしていたり・・・と、いつも山の様子や見える景色は違っていて、自然の変化を思う存分楽しめました。

山の天気は変わりやすい・・・人生も楽ありゃ苦もあるさ(by 黄門様)。
と、フィッツ・ロイも含め、心に沁みたパタゴニアだったのでした。

明日から、世界最南端の町ウシュアイアへ向かいます。


パイネ国立公園にもニャンコがいた!

赤りんご世界一周新婚旅行、3年目赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!
hirominami * 50ヶ国目〜チリ * 09:14 * comments(6) * trackbacks(0) * - -

南極クルーズ

ついにけんぽこ念願の"南極クルーズ"に行くことになりました。

今日、これからチリのバルパライソに向かい、ここから出港します。
2週間ほど南米大陸を回り、アルゼンチンのブエノスアイレスに到着です。

ボリビアのラパスで、フォーマルディナー用のカクテルドレスやスーツを購入して
準備万端。
私は初めてのロングドレスを着て、けんぽこも初めての蝶ネクタイをします。
きゃー、ドキドキ。

1つ気がかりなことは、無事に乗船できるかどうか。

見ためが、小汚い私達。
思いっきりバックパックも背負っているため、確実に浮いているはず。
「あぁ、ちょっと君達」と言われ、止められることでしょう。

今から、けんぽこが船上でボーイと間違われないかどうか心配です。

南極レポは、また2週間後。

では、行ってきます〜。
hirominami * 50ヶ国目〜チリ * 00:07 * comments(5) * trackbacks(0) * - -

高山病にかかってます。


チリとボリビアの国境で。山がきれいだった!

イースター島の後、サンティアゴに戻り、バルパライソを日帰り観光して、イキケからアリカ経由でチリを抜け、ボリビアのラパス(標高約3600m)へとやってきました。

サンティアゴ→イキケ間が24時間。
イキケ→ラパス間が17時間。

久しぶりの長時間バス移動に少し疲れています。
何よりも、ボリビア国境辺りから標高の高さにやられ、立ちくらみやら目まいやらでクラクラ。
海岸の町イキケから世界一標高の高い首都ラパスへの移動は、半日で3500m以上の標高差。
チリとボリビアの国境では、けんぽこが下痢下痢でした。
もう二人して完全に高山病の症状。

すぐに息が切れるし頭痛もするしで、早く高度順応したい〜。
チベットでも高山病にかかっていたのが懐かしい。
けんぽこと私ともども下痢下痢で、入れ替わり立ち代りでトイレ行ってたなぁ・・・。
でも今回は、けんぽこだけゴロゴロきました。

あぁ、すぐに高山病に効く、中国の"紅景天"が欲しい。
あれは、本当にシャキーン!って効く。
何度、あれにお世話になったことか。

ここでは高山病に聞くのは、コカ茶なんだよね。まだ試していないけれど。
「体調悪い〜」と言いつつも、ボリビアがちょっと楽しみです。

ラパスの町に到着する時も、ワクワクしました。
インディヘナの浅黒い顔の太ったおばちゃん、三つ編みしてオトメな可愛らしい格好してる。
民族っぽく同じスタイルで、おばちゃん達路上に並んでモノ売ってる。
掘っ立て小屋や、ボロボロのレンガの建物が、山の合間にぎっしり詰まっている様子とか、なんか、このゴチャゴチャ感が久しぶりで。

でも、ワクワクと同時に・・・ちょっとビクビクもしてたり。
だって、南米被害が多いんだもの。
今泊まってる宿の情報ノートにも、被害情報が多いし、最後のページには3日前に首絞め強盗遭った人の書き込みで終わってたし・・・。おーい、大丈夫なのかなー、と。
とにかく心配してても仕方がないので、充分に気をつけて旅行します。

今、隣ではけんぽこがスペイン語を勉強しています。
自己紹介で、普通に"私はけんぽこ、犬好きの乙女座で禿げたオデコがチャームポイント"とか頑張ってるし。
でも口説き文句を練習してるのはおかしくないか?
もう高山病も収まってきたのか、元気みたいです。いいな。

ひとまず明日は元気を付けに、ラパスにある日本食屋に行こうっと!

赤りんご世界一周新婚旅行2年目突入赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!



チリのバルパライソの一角は壁に書かれたアートがいっぱいでカラフルだった。


チリのイキケのソフリ(貿易自由圏のショッピングモール)で。
ようやく新しい靴を購入!(3600円)
これで汚い靴ともおさらば。3年間ありがとう。
hirominami * 50ヶ国目〜チリ * 00:06 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

モアイ満喫中。


アフ・アキビの前で。お気に入りの写真です。

今、イースター島でのんびり過ごしています。

13日の私の誕生日にイースター島で過ごせるようにフライトを取ってくれたけんぽこ。

「誕生日にイースター島で過ごすなんて素敵じゃない!?」と私が言ってから、
その後ずっと、タイミングが良くて安いフライトが無いかどうかを調べてくれました。

念願のイースター島で誕生日を過ごせたことも素敵だけれど、
あれこれしてくれたけんぽこに感謝です。
(けんぽこは「本当にそう思ってるの〜?」って言ってますが)

そして、イースター島では、もう1つ素敵なことが。

けんぽこの友達の"むらっち"が、日本から遥々やってきました。
そして、イースター島で一緒に過ごすことができました。

救援物資、いや差し入れを持ってきてくれた、むらっち。

その中には、なんと"三島のゆかり"も!!!

去年の誕生日には、インドでゆかりをそのまま食べ(舐め)、
あまりの美味しさに感激していましたが、今年はゆかりパスタを頂きました。

誕生日に"ゆかり"を持ってきた、むらっち・・・恐るべし。
やりますなぁ・・・やはり、けんぽこの「抱かれたい男No.3」に入るだけはあります。

空港で待ち合わせしていたけれど、サンティアゴの町なかのバスでバッタリという素敵な再会をし、そのまま楽しくイースター島へ。
翌日の私の誕生日には、早速、車を借りて3人でイースター観光をしてきました!

イメージするモアイって、海沿いに立って並んでるのを想像しませんか?

でも実際は、それだけじゃないんです。

並んでいるのは後から起こされたもので、それも一部だけ。
それ以外は倒されていたり、作りかけだったり、もう原型が無いほど風化していたり・・・。
そして島には、約900体のモアイがあるって言うからビックリ!

キレイに並んでいるモアイも素敵だったけれど、イースター島の中でも、特にモアイの製造場である岩山の「ラノ・ララク」が一番のお気に入りでした。

ここには作りかけや岩山から切り出された運ばれる前の状態のモアイがあちこちに散らばっています。

岩山から彫られた作りかけの状態で仰向けになっているモアイ。
切り出して起こされたは良いけど、そのまま放置されているモアイ。
なんか傾いているモアイとか、地面から顔だけ出てるモアイ。
うつぶせになって倒れてたり、首だけゴロンと転がってる無残なモアイも。

この乱雑に散らばってる様子が、いろいろ想像を掻き立てて、すごく良かった。
これは失敗作か?とか、運ぶ途中に壊れちゃった?とか。

しかも、この岩山登れるんです。
私達が見たどのガイドにも、そんな説明は無く、私達も気付かずに通りすぎてしまいましたが、その翌日、博物館で見た写真集には、ラノ・ララクの火山湖の写真があり、「実は登れるんじゃない?」と思い、別の日にまた行ってみました。

私達が通っていない岩山の左側へ周ってみると、先にはまだ道が続いていました。
こっち側には、ツアー団体用の駐車場があったので、火山湖は普通に見れたようです。

実際に私達も行ってみると、やっぱり火山湖がありました。
ツアー団体客も火山湖のほとりまでは来ていたけれど、そこで戻って帰ってしまっていた。なんて、もったいない!
だって、実際に更に脇道を登ってみると、そこには沢山の作りかけのモアイがあったのに!!!

イースター島に行かれる人は、ラノ・ララクの火山湖側も是非訪れてください。

そして、登り終わった所に見えるのは・・・切り出し中のモアイがドーン!!!
他にもただの岩に見えるものもよく見ると「あれ、実はこれもモアイじゃん!これ鼻だよ!」って発見があります。
まるで「ウォーリーを探せ」のような「モアイを探せ」です。

目の前に横たわった大きなモアイ、感激です。
そして、そこから見える火山湖と周りの景色とモアイのコラボが素敵です。

この島中にあるモアイ、行けるところはほとんど行ったけれど、それでも私達が見たのは半分くらい?
本当に沢山のモアイを見れて、イースター島かなり楽しみました。

謎めいている伝説って、ワクワクするよね。
ちなみに、イースター島には他にも伝説が。それは鳥人伝説・・・。

見所いっぱいのイースター島、面白すぎ!

赤りんご世界一周新婚旅行2年目突入赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!


イースター島の空港に到着!すごい小さな空港で滑走路を歩いた。


ラノ・ララクの火山湖側にて。これ胴体も埋まってるのかしら・・・。


アフ・ハンガ・テエの8体のモアイは全部倒れてる。
プカオという帽子?のようなものも転がっていた。


ラノ・ララクのモアイ製造場。製造途中のモアイがゴロゴロしてるよ。


モアイを逆光でパチリ。うーん、いびつな頭の形だね。
hirominami * 50ヶ国目〜チリ * 11:30 * comments(6) * trackbacks(0) * - -

ついにこの日が来た。


サンティアゴの中央市場にある食堂で、海鮮三昧!


チリのサンティアゴにいます。

そして、明日には旅の3つのうちの最後のハイライトであるイースター島へ出発です。

夢見ていたこの日が、ついに来た。

日本で1人暮らしをしていた頃、モアイの本買ったり、
写真集を部屋に飾っていたのが懐かしい。
やっぱり謎めいているところって、夢があるよね。

とはいえ、

「イースター島に並んでいるモアイは、日本の企業が立て起こしたんだよ。ありゃニセモノだ!」

なんて、横で夢を壊すけんぽこがいますけどね。
いいんです、別に立て直してたって。とにかくモアイが近くで見れるんだもの。


サンティアゴ観光のついでに、買い物と中央市場に行って来ました。

漁業が盛んなチリ。
中央市場には、いろんな種類の海鮮が売り出されていました。そして安い!

私達の目的は、市場の中にある食堂。
店の前に立っているおじさん達は、日本語で「ウニ、ウニ」「No 高い」と言ってきます。

観光客向けの食堂レストランなのか、現地の物価からしたら高い。
でもヨーロッパから来ると、本当に南米の物価が安いので
いつもより贅沢して、海鮮を思う存分堪能しました。

私が頼んだ海鮮の何か・・・は、コリアンダーが入ってサッパリしていた。
それにレモンをたっぷり絞って、サルサソースをかけると美味しかった。
食べたことがない、真っ赤なグロイ貝とかあったけど。
けんぽこは、フジツボを食べてた。これまたカニ風味で美味しかった。


左はMaricos Traditional(貝だらけ)で、右がPiscos(フジツボ)


その後に、けんぽこは新しいスニーカー(1200円)とサンダル(500円)を買って、ウキウキです。
1年8ヶ月頑張ってくれたスニーカー。お疲れ様でした。
私も新しいスニーカー買いたいなぁ・・・1万円くらいの!!!

そして、スタバにも来ちゃいました。
ヨーロッパでは、1000円近くしていたアイス キャラメルマキアートが
ここでは500円くらい。まぁ・・・高いね。
でも中国以来のアイス キャラメルマキアートの味も美味しかった!
ネットするため、今、これで粘っています(笑)

きっと中米から来てたら物価が高く感じて、こんな買い物したり食事したり
贅沢してないだろうなー。

ところで、スタバでオーダーする時にカップに書かれる、けんぽこの名前。
「ケニョ」になってる!

赤りんご世界一周新婚旅行2年目突入赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!


スタバにあったケニアのポスターがなんかカッコよい。


これから、けんぽこを「ケニョ」と呼ぼう。
hirominami * 50ヶ国目〜チリ * 07:33 * comments(10) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ