<< ミャンマー到着! | main | ミャンマーを振り返って >>

女性はつらいよ

ミャンマーのヤンゴンを離れ、バガンに来ています。

ヤンゴン出発15:00から、バガンまでバスで16時間。大変だった・・・何が大変って、トイレ休憩が4時間おきだったこと。

バスは日本の中古車で、草津観光とか西武観光とか、日本のペイントそのままの観光バスだらけ。でもその中古車のお陰で思ったより快適でした。
ただ昼間の車内は、エアコンが効いてても暑くて、お水飲みたいけれどトイレに行きたくなったら。。と心配であんまり飲めないし、喉の渇きとトイレ我慢の戦い。
けんぽこが「トイレ行きたい時は、ドライバーに停めてもらうから言ってね」って言うけど、ずっと何にもない平原が続いてるよぉ!!

トイレを意識すればするほど行きたくなってしまうから、無理に気をそらしてみたり、眠ってみたり。でも眠れない。。けんぽこは横で寝てる。

数時間ほど平原が続き、電気の電線が見えて来て、村に入り、お店も並んでるのが見えて、他の同じような長距離バスが停まっているのを見て、「もしや、そろそろ休憩?」って期待をよそに、私達のバスは村を通り過ぎる。。
期待と失望の繰り返しでした。

旅行は長距離バスがメインになるけど、これから大丈夫かな。。不安だ。


バスにはKUSATSUと書かれています。ドア非常口の文字も普通にそのまま!


バガンのニャンウー村で宿泊。小さくのんびりした所でした。


hirominami * _3ヶ国目〜ミャンマー * 00:35 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

コメント

☆とびこ
5時間は大変だったねぇ・・・。停めてとも言えないしね!私のほうもお蔭様でアドバイス通り、水を飲まないようにして寝たり、トイレを考えないようにしてたら、最近は慣れて来たよ!今後、トイレ休憩が野原じゃない事を祈るのみだね(笑

☆むまじろー
へーーそうなんだ!うん、マチュピチュも行く予定でいるよ。そうかぁ、利尿作用があるのは逆に辛いねぇ。高山病も辛いのだろうけれど。。なんか体が小さい人は高山病になりずらいとか?どちらにしても、ちょっと対策を練らないとだね。情報ありがとう!

☆イトチン
オムツですかぁ。。。そうねぇ。野原でしたり、もらしたりする恥ずかしさよりはマシだもんね。けんぽこが昔に下痢になった時の長距離移動では生理用○○○○を付けたんだって。皆、いろいろ工夫してるのかもね!
Comment by hiromin @ 2007/04/16 11:07 PM
職業柄、オムツをおすすめします。
海外にそんな日本ほど性能がいいものがあるかわからないけど、同僚とバス旅行行ったとき、トイレ我慢できず、パット持ってくればよかったよぉ!!!と、マジで話していたし・・・。

恥ずかしさは、この際忘れて!!!
Comment by イトチン @ 2007/03/23 10:12 AM
トイレ情報で、ちょっと気になった事があるの!!!

ペルー(マチュピチュ)など高地を旅する予定ってある?
だとしたら、注意なんだけどね、
高山病対策のお薬、日本では処方箋が無いと入手できないんだけど、
ペルーでは、一般的なドラッグストアで買えるんだ!

でもコレね、利尿作用の強い薬でもあるから、
(女性的に)トイレの環境に恵まれていないペルーでは、
むしろ逆に辛くなったりする場合も。。。
誰しもが高山病にかかるわけではないしね。

その事を踏まえたうえで対策を検討してね!

よいたびを☆
Comment by むまじろー @ 2007/03/22 2:19 AM
東京ー岐阜間の5時間ノンストップ高速バスで、途中トイレに行きたくなり、かなりつらかった記憶があります。景色を楽しむどころじゃなかった。

男性は、どこでも気軽に用を足せるから(偏見?)うらやましい限りです。

昔、運動部に所属していたときに試合中の飲み物補給は口を湿らす程度にしろといわれました。ひろみんも、バスの中は試合をしていると思って、水の補給を最小限にし、体力の続く限り寝るというのはいかがでしょう。
Comment by とびこ @ 2007/03/18 1:18 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ