<< 女性はつらいよ | main | 世界遺産スコータイ >>

ミャンマーを振り返って

3月4日〜18日まで2週間ミャンマーに滞在していました。

首都のヤンゴン→バガン→インレー湖→ヤンゴンへ戻るというルートで回ってきたのですが、全て移動は長距離バス。一番移動が短い「バガン→インレー湖」間でも、約13時間掛かっているので、非常に体力を消耗し、体調も崩してしまい、ミャンマーはちょっと大変な旅になってしまいました。

栄養もつけたいと思いつつ、地方は特にどこのお店もメニューが同じだし、油っこい。油っこくない料理はスープに入った麺だけで、栄養はつかない。。でも、やっぱり人間の体って不思議で、糖分や塩分を自然と欲するのね。コーラを飲むと元気になるよ笑

まあ、ミャンマーでの旅行を振り返ってみて、大変だった事のほうが記憶に残っているけれど(でも他の旅行者にしたら甘いのだと思うけど・・・)、良かった事はこの国は何より安全だったこと。人も良かった。特に地方のほうは、素朴でのんびりしていたし、親しみやすい人が多かった気がする。観光客だからと丁寧に接する以上にとても親切だった。中にはミャンマーの言葉を一生懸命教えてくれた人もいた。「ハゲ」という単語さえも教えてくれた。

観光地のバガン遺跡郡も、素晴らしかった。広大な土地にたくさんの仏塔が立ち並んでいて、その中を自転車や馬車で移動しながら、その景色を見た時には、すごく贅沢だなぁと感じた。

後は、この国も貧富の差を見て考えさせられた。バガンでは、たくさんの観光客を相手に物売りの子達がいた。英語も日本語も上手で「お姉さんキレイネ」「お兄さんカッコいいね、だから買って」とお世辞まで。馬車のおじさんによると、学校に行ってない子達だそう。また移動バスからは、電気が通ってない村も多く見えた。インレー湖では2歳くらいの子が赤ん坊を上手におんぶしていたのは驚いた。牛の水浴びをさせてたり、魚を網で引いてたりする子供たち。ここで見かける子供は、ほとんど働いていた。
こうやって旅行している自分が非常に裕福なんだと思った。たとえ水シャワーの宿生活だろうと。

・・・と、なんだか単純に観光を楽しむのはほんの一部で、これからもいろいろ知ることもあるんだろうなと思う。けんぽこと一緒に旅行できて良かった。旅行慣れしていて、本当に頼りになる。自分だけだったら、こういう風にいろいろ考える余裕もないかもしれないね。

明日は、タイのスコータイへ向かいます。
hirominami * _3ヶ国目〜ミャンマー * 00:29 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

コメント

☆てつろー
うん、旅行してその国の様子を完全に知る事は難しいと思うけれど、少しでも多くのことを知ることができたらと思いますね。けんぽこも合流楽しみにしてます!貯金頑張れ〜!

☆runrun
本当そうですね。日々の事で忘れがちですが、1日1日を大事にしたいです。それに日本での環境がいかに幸せって事を頭では分かっていたけど、今回身にしみた感じ(笑

☆むまじろー
ありがとう!頑張るよー。きっと旅を続けていると、いろいろなことがあるんだろうけど、日本にいてもそれは同じはずだもんね。信頼できるパートナーと頑張らないとだね!
Comment by hiromin @ 2007/04/16 11:10 PM
旅慣れている人と一緒だと心強いよね。
自分が一番信頼できる人との旅は楽しいね。
もちろん楽しいだけじゃなく、
いろいろ考えさせられたり、
不安に思えたりする部分たくさん出てくるかもしれないけど、
2人なら乗り越えられるよね♪
これからも、コイタビ頑張ってね!
Comment by むまじろー @ 2007/03/23 5:20 PM
あらっ早速ダンナに惚れ直してしまったのね。。
でも日本で生活していると
幸せに麻痺してしまっていますよね。
ご飯食べれて安全に眠れるトコがあるだけでも
すんごく幸せなのに。
大事にしなくちゃね、けんぽこも、一日一日も☆
Comment by runrun @ 2007/03/22 10:28 PM
世界の様子が少し見えるような内容ですね。
自分も子供もつまえにそんな気持ちを味わえるようにしたいとおもいます。

せっせと貯金中〜

南米、アフリカあたりで会えるといいなぁw
Comment by てつろー @ 2007/03/22 1:48 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ