<< ひよこの由来 | main | ラオス縦断の旅 >>

世界遺産ルアンパバーン

ラオスのルアンパバーンという世界遺産に登録されている町に行ってきました。
初めの印象は、「おや?ここはなんだかオシャレだぞ?」でした。

椰子の木など緑に囲まれて、古くて懐かしいような建物が並んでるけれど、観光客が多いようでオシャレなBarやArtショップやゲストハウスも沢山あった。のんびりしていて素敵なところだけれど、想像していた素朴なラオスとはちょっと違っていた。

ほとんどのレストランは外国人向けになっていて、これというラオス料理が無い。
普通にパスタとかタイ料理があったりする。それでいて値段が高い!!旅行者としては、その国ならではのモノを知りたかったりするんだけどなぁ・・・。
やっぱり屋台とか現地の人が行く所じゃないと食べれないのかな。でも、宿の近くの屋台で見つけた「カオピヤック」という麺は美味しかった!お腹の心配をしながらも(実際、ラオスでは連日下しまくりだけど)、美味しいものを食べ続ける食いしん坊な私達♪

さらにルアンパバーンと言えば必見、修行僧の托鉢!

朝が苦手な私も5:30に起きて頑張りましたよ。ゾロゾロと寺から出てくる行列の修行僧の数にはビックリ!!この町にこんなにいるの!?って言うくらい、とにかくスゴイ人数。しかも年功序列になっているようで、おじいさんから青年、少年と変わっていくので、人間の歳をとる経過も見れてしまう必見ものでした。

年齢と言えば、私達も旅行者の中では年配のほうなんだろうなぁ。若い人達が多いし、やっぱり気は若いようでも見た目が違うもん。
あぁ、最近日射しが強いし、ちゃんと肌ケアしないと!


世界遺産の町は、のんびりしている町。


雑貨屋さんが素朴でカワイイ!


美味しいカオピヤックのお店。体格の良いオバちゃんが作ってた。


必見の托鉢。この写真の5倍くらい続いていた!
hirominami * _4ヶ国目〜ラオス * 19:47 * comments(6) * trackbacks(0) * - -

コメント

☆てつろー
ターザンジャンプは、オススメだよ!欧米の人とか、すごい勢いで川に飛び込んだりして見てても面白い☆でも潜った時、鼻が痛かったぁ。

☆むまじろー
そうそう、観光客向けの商売になってるもんねー。でも隣の店同士でメニューをコピーして使ってる所もあるくらいなんだよ(笑)修行僧、ムービー撮ったかも!ループしてるみたいだよね!

☆まちこ
体調崩しても毎日の食事が楽しみの一つだったりするのよー。私も知らなかったんだけど、ルアンパバーンには遺跡みたいなのは無くて、この仏教の町に数えれば沢山の寺院があるらしくて町全体が世界遺産に登録されているんだって。世界遺産と言ってもいろいろあるんだろうね!

☆若葉
うん、このターザンジャンプの遊びは面白かった!けんぽこの1回転は不意打ちだったらしい!ムービー見るとすごいよね!?っていうか、もうそんなに経つんだね。「走れメロス!!by 田中?」だよ。

☆つかぴー
皆、体調管理だけは重要ですね!体調悪いと何にもできません。しかも最近は、一度体調を壊すと長引くと来てて、けんぽこに「精神が甘いんだ!」と言われたりしてます(笑)
Comment by hiromin @ 2007/04/16 11:17 PM
すごいね、この行列!

アンパバーン・・・はじめて聞いた地名だ。

旅先で風邪か〜。
くれぐれも気をつけてね!

日本でも、4月だというのに、
まだインフルエンザが流行っているのよー。

用心用心。
Comment by つかぴー @ 2007/04/11 12:43 PM
仏像こわい・・・
ターザンジャンプ、何度も行き来してるからうけた(≧▽≦)
けんぽこの一回転凄いね〜!
二人の楽しんでる様子が良いね(*^-^)b
ていうか、出発してもう41日経ったの!?早いね〜!
時はどんどん過ぎていく。。。byシゲ?ダッケ?
変なもの食べないように!
日差しも要注意だね( ̄□ ̄;)!!
またメールするね〜♪
Comment by 若葉 @ 2007/04/07 8:58 PM
お腹くだしててもおいしいもの食べ続けるなんてすごい(笑)
ここは何で世界遺産に登録されてんの?
Comment by まちこ @ 2007/04/07 11:48 AM
世界遺産がある街は、観光地になっている場合が多いから、
比較的行きやすかったり、食べ物も普通だったりするよね。

修行僧の数、すごーい!!!!
コレがムービーだったらまたおもしろいかも^m^
Comment by むまじろー @ 2007/04/06 6:30 PM
河に飛び込むの動画で爆笑していますwwwwwwwwwwwwww
次回作も是非!!
Comment by てつろー @ 2007/04/06 3:00 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ