<< 西チベット旅行記<聖地マナサロワール湖> | main | チベット最終章 >>

西チベット旅行記<聖地カイラス山>

昨日、9月1日にカトマンズ到着しました!!!
到着後、早速夕食に日本食屋へ駆け込み『サバの塩焼き定食』を注文。
そして昨日のお昼は日本風チーズカレー。夜は肉じゃが定食♪
もうもう美味しくて美味しくて癒されまくりです。
頑張って半年旅を続けてた甲斐がありました。
あぁ、次は何を食べよう・・・考える事はそればっかりのこの頃です。

そしてこの間の続き(しかも長い)

☆8月18日 チベット仏教三大聖地の1つ、カン・リンポチェ(カイラス山)を巡礼。


カイラスはチベット仏教だけでなく、ヒンドゥー教他にとっても聖なる場所。インド人やネパール人などもコルラ(山の周りを歩く)している話を聞いたのだけれど、私達が歩いた2泊3日の間はあんまり出会わなかったなぁ。

初日。

午前10時頃出発。コルラ犬は来るか来るか!?・・・とけんぽこはキョロキョロしてる。
コルラ犬とは、先導して道案内をしてくれながら一緒にコルラしてくれるワンちゃん。
さっちゃんは出発の朝、宿の前に現れて一緒にしばらく出来たらしい。しかも2匹も。
うらやましい。私達も会いたい!!!と期待をしながら歩きました。

そこで、前から一匹の犬がトコトコと。

けんぽこは「来た来た来たーーーーーっ!!!」と、早速ソーセージを一口あげる。
(前日に3本も買って準備していた)
・・・・食べるだけ食べて着いて来ない。けんぽこガッカリ。

またまた一匹の犬が!!!しかも茶色で可愛い。コルラ犬にしたい。
ソーセージを投げる。食べるがその後遠くで座り込んで来ない。むむむ・・・。
「心が純粋じゃないとダメなのかねー?」と話しながらあきらめる。

「なんだよなぁ、重いソーセージ持って来たのにぃ」
と、けんぽこはガックリして肩を落としている。

確かにコルラは大変なので、極力荷物を減らすようにと話を聞いていた。
にも関わらず、人間の食べ物はさておき、コルラ犬の為のソーセージを3本も用意するけんぽこ。
結局、夕方頃に1つ目の宿に到着し、初日は終了。コルラ犬にも出会えずでした。

私達はディラ・プク・ゴンパ前にあるチベタン宿に宿泊。標高5,210m!!
ここからは、カイラスの北壁がすっごくキレイに見える。
この日はちょうど晴れていて、雲もかからずキレイに見えました。

そしてトラブル発生!!!

ディラ・プク・ゴンパを見に行った時、私、坂道で滑りました。
しかもちょうど尾てい骨の所に石が。ガンッ!!とぶつける。
痛さのあまり泣いた。
しかも貧血のようにフラフラと立ち上がれない。のども詰まる。
咳・くしゃみをすると痛みがひびく。うぅ、痛い・・・。
明日からは恐怖のドルラマ峠越えがあるのにぃ。


2日目。

宿の前からいきなり目の前には急な山が。うゎーー、これ越えるの!?
確かに噂どおり2日目は辛そうだ。痛いお尻をかかえながらも耐える。

すると大量の犬がゾロゾロとやってきた!!コルラ犬か!?
1、2、3・・・・11匹もいる!!
さすがにあり得ない!!
でも途中で皆が野生のウサギを追いかけ、結局1匹もいなくなってしまいました。

けんぽこ再びガックリ。
「美味しいソーセージがあるよぅ。ウォン、ウォン」と犬口調で、犬に話し出すけんぽこ。
それを笑うとお尻が痛い私。

そんなこんなで数時間、峠を上ったり降りたり。
さすがに空気が薄いので数分歩くと息が切れる。休憩のほうが長い。
チベタンは布団とか持ち歩きながら歩いているのに早い。

ついにドルマ・ラの頂上へ到着!!!
たくさんのタルチョが見えて、ここがドルマ・ラかぁーーーと達成感。
ここは標高5,668m。息は薄いけれど歩きながら完全順応してるせいか、とりあえず平気。
早速、ご飯食べた後には、けんぽこの髪を切りました。
これで今までの罪が清めらるらしいけれど・・・。

髪を切っていたので出発が遅く、既に周りに人もいない。
この後はドルマ・ラを下って(いわゆるガケとも言う)茶館があり、その前を流れている川原を渡りました。ちょっと川が増水して渡るのも一苦労。ある情報によると、この川原を渡るように書いてあったのだけれど(渡るとどうやらカイラスの東面が見えるらしい)、ここで渡ってしまった事が、私達にとって一大事が起こる事になるとは何も知らずに。

その後、しばらく進むとますます川は増量。

「これ・・・・いつ向こう岸に戻ればいいのかね。今日の宿は向こう岸にあるのに」
ひとまず歩けば渡れる所があるかもしれないと、どんどん歩きました。
しかもヒョウも降ってきて、寒い・・・・。
山の天気は本当変わりやすいね。さっきまで暑いくらいだったのに。

しばらくすると、再びコルラ犬が登場!!!しかも希望の茶色犬!!!
向こう岸で私達を追っている。超可愛い。
しかもなんと、この増水して急流の中を泳いで渡ってこちらに来る非常にけなげなワンちゃん。
「いいよ!!!渡らないで。危ないよ!!!」と思いつつも、ちょっと嬉しい。

コルラ犬は無事にこちらに到着して、ずっと一緒に歩きました。
もちろん、残りのソーセージや、圧縮干糖(チベット版カロリーメイトみたいなモノ)もたくさんあげました。警戒しながら餌を食べつつも、ずっと付いて来る。そして段々距離が近くなってくる。
時には「こっちこっち!!」と言っているかのように道案内してくれる。
すごい可愛くて、嬉しくて、暖かい気持ちになれました。

・・・にしても、全然川を渡れるような場所が無い。
むしろ、川原が段々広くなっていくし、さらに急流になっていく。ゴォーと音もするほど。
戻るのも大変だし、コルラ先生(コルラ犬をこう呼び始めた私達)が道案内してくれてるし、なんとか渡れそうだけど、コルラ先生が渡れないかもだし・・・って事でやめて引き続き歩く。

さらに数時間後、そろそろ日は落ちる。
2日目の宿も近くなり、いい加減ヤバイ!!!と思い、私達はついにコルラ先生を置いて川を渡る事を決断。

「コルラ先生、ごめんなさい!!今までの道案内ありがとう。でも従わずにこちらへ行きます!!」

と川を渡る。すごい川の流れ。
うわーー、これ本当にヤバイ。少しでも浅い所を見つけて、顔を出している石を狙って歩いていく。滑ったり、少しでも石が動くとヤバイ状態。流される。
「1人ずつより、2人で固まりながら渡っていこうよ」と提案。
少しでも流されないように重量を増やしたほうがいい。

そもそも川を渡らなければ、こんな事にならなかったのに・・・という気持ちもあったけれど、イライラしても仕方が無い。今は命のほうが重要だと開き直る。
でもこの時は「もし流されたら・・・」と、ほんの少しだけ想像して命の危険を覚悟しました。

よし!!と2、3歩だけ石を渡ると、早くも私、川の中に足を突っ込む。
靴はビチョビチョ。
もう、いいや!!!足を川に突っ込んで渡ろう!!!
けんぽこと手を取り合いながら、決死の川渡りでした。

反対岸では西洋人の数人が通り、こちらを見てる。
「うわぁ・・・・、道間違えてやっちゃったのね」って思ってるでしょう。
だって、雨で川が増水してるんですもの!!!
情報に頼りすぎず、状況を読むことは重要ですね。自然をナメちゃいけない。

ひとまず無事に反対岸に到着。
でもかなり達成感!!!
むしろドルマ・ラ越え以上にやったぁ!!感が充実。
普通の道を歩いて行けるってこんなにも楽なのね。けんぽこと話していたのだけれど、火事場のバカ力じゃないけれど、必死の時ってアドレナリンが放出しているのか、川を越えたらすごい元気。
今までの疲れが吹っ飛んだ感じ。ビチョビチョに濡れているはずなのに体が暖かい。
このままの勢いで2日目宿に泊まらないでも、麓まで歩いていけそうな勢いだった。
もちろんお尻の痛みも全く無い。

でも、本当に大変でした。

ところが、ふと見るとコルラ先生が既にこちらに到着してる!!!
しかも、この川を渡って。なんだ渡れるんじゃん!!!心配してたのにぃ(裏切ったけど)
私達にはあきれたのか、西洋人達に付いて行ってるし。
まぁ、皆さん無事で何より。

夜はズトゥル・プク・ゴンパの前のやっぱりチベタン宿に泊まり、チベタンの女の子(ちょっと広末似)と会話をしながら夜を過ごすのでした。

3日目は、遅めに起きてのんびり歩き、無事にタルチェンに到着しました。
ある意味、この日が一番疲れたなぁ。。。安心して疲れてたのかしら。
最後に五体投地をして巡礼しているチベタンにも出会えました。

大変ながらも何週もコルラするチベタン達。でもさわやかな顔で「タシデレ」と言ってくれて、こちらもさわやかな気分に。すごく良い経験させてもらった3日間でした。

でも・・・、私は1周で十分だな。(3周や13周するのが縁起が良いそうです)

巡礼の途中、羊の放牧に遭遇。むこうは全く避けずに通って行った。


コルラ先生を引き連れて歩くけんぽこ。しかも手が上機嫌の様子。


カイラスの北壁がくっきり!くまおのリュックも作成したよ。


2日目に泊まった宿の広末似の子とパチリ。英語勉強中でした。

〜コイタビ。ホームページ〜
コイタビ。 世界一周 ☆ 恋の旅!
hirominami * _7ヶ国目〜中国 * 19:19 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

コメント

☆はるっぺ
うん、本当自然は怖いって思った。前回のティルタプリ温泉の時だって、雷雨やらヒョウが降って来た時は、私達チベタン達の事でくそぉー。って言ってたからチベット教の神様が怒ったのかと思っちゃった。私、焼けたかな?やばい、気をつけてるけどケアしなくちゃ!!

☆むまじろー
いつかカイラス巡礼の時は五体投地で13週回って欲しいな(笑)チョモランマは時期的に天気が悪そうだったので行かなかったよー。なかなかタイミングがあるらしいね!!でもむまじろーはアクティブ派だったんだね?美術系かと思ってたよ!

☆さちこ
コルラ先生はきっと西洋人に付いて行ってるね。
にしても、さっちゃんもコルラ犬にご飯あげてたら、3日付いてきてたかも!!惜しかったねぇー。
まあ、チベットはさておき日本食万歳って事で、次は何食べようかねー。インド大丈夫かな、私達。
Comment by hiromin @ 2007/09/07 11:05 PM
カイラス、お疲れ様でした。また読みながらにやけてしまいました。コルラ先生、今頃どうしていますかね(笑)
カトマンズ、ごはんにやられますね。日本食ばんざい。
Comment by さちこ @ 2007/09/04 7:04 PM
死ぬまでに絶対行っておきたい場所のうちのひとつがチベットなんです。
カイラス巡礼は夢です、憧れです。
いつか。。。
カイラス巡礼→シシャパンマ→チョモランマBC→ヒマラヤ越え→カトマンズ…
こんなコースを周ってみたいんだ。
旦那様お誕生日おめでとうです。
Comment by むまじろー @ 2007/09/04 6:23 PM
読んでてすごいハラハラしちゃったよー!
無事に渡れてよかった(>_<)
ホント自然は怖いんだね〜。
これからも気をつけて旅を続けてね。
一番下の写真の女の子、広末似てる!
ひろみん少し焼けた??
けんぽこさん、お誕生日おめでとう〜!(^^)!
Comment by はるっぺ @ 2007/09/04 1:20 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ