<< 蝉しぐれ | main | 頑張る女性 >>

聖地ガンゴートリ

10月21日(月)
昨日、ガンゴートリからデリーに戻ってきました。

北インドの山奥に位置するガンゴートリはガンガーの源流が流れる小さな町。
ここまで来ればガンガーもキレイだった。
躊躇無く、足を水に浸けられたもんね。

本当はさらに奥へ18km行ったゴームクという氷河のガンガーの源流も源流!!!の場所へ行きたかったけれど、政府によって道が通行禁止にされていた。しかも外国人だけ・・・。

どうやら私達が行った2週間前に、さらに奥地の雪山で外国人ツーリストが亡くなったらしい。「えー、ここまではるばる来たのに!!!」という無念でいっぱいでした。

でも行った時期が良かったのか、周りの景色は最高!!!
山々の緑はキラキラしてて、でも赤や黄色に染まった紅葉もあって、遠くには白いヒマラヤが見えて、真っ青な空と、白い雲がぽっかり浮かんで、太陽がまぶしくて、下にはガンガーが流れてて、見事なくらいの自然がそこには凝縮していました。その一画は、まるでカナダのロッキー山脈のよう。

・・・言いすぎではないと思う。↑↑

って事で、私達はもう完全にうっとり。

タイミングが悪かったのか、それとも良かったのか!?
ゴームクは残念だったけれど、自然を満喫できたし行って良かった。
毎回思うけれど、やっぱり山は癒されるなぁ。

そしてガンゴートリはとても寒い。
周りのインド人も上着を羽織って、ニットキャップを被って完全に防寒している。
今回、冬服姿のインド人を見るのは初だったので新鮮♪

町には毛糸の帽子や手袋やブランケットが売っていて、どこからか観光で来たインド人の老夫婦もお店で手袋の値段を聞いていたが、おじいちゃんの足が裸足。
手袋の前に足、足!!!

さすがに寒いらしく、サドゥーもけんぽこに服を買ってと言っていた。

氷水のように冷たいガンガーでは裸で沐浴しているインド人も。
気合入ってるよなぁ・・・。
やっぱりここは聖地も聖地なのですね。皆さん、頑張っておられる。

標高も3000km以上あったけれど、チベットでの適応力がまだ残ってたのか高山病は大丈夫。
でもとにかく寒い!!!でも電気が通らないのでコイルヒーターでお湯も沸かせない。
ババシャツ、モモヒキ、ダウン、夜は寝袋。そしてお湯をもらってペットボトルで湯たんぽ。
これだけしても、ブルブル震えてました。

かたや今、ここデリーは暑い・・・。
部屋では暑いのでファンを回して、ノースリーブを着ている。
この温度差はすごいねぇ。
これから南への移動にかけて、ますます暑くなる。うー、憂鬱。

ガンゴートリの町から見えるヒマラヤは寒さ倍増です。


ウヒョーッ!!と言いながらもガンガーを浴びるインド人。
そして寒そうにそれを見届ける奥様(おそらく)。これまた寒さ倍増です。
hirominami * 11ヶ国目〜インド * 21:29 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

コメント

☆サリー
うん、ありがとうー。風邪はなんとか大丈夫みたい。
日本もこれから寒くなって来てるんじゃない?
サリーも気をつけて頑張ってね☆
結構インドは突込みどころ満載で面白いよ!!!
Comment by hiromin @ 2007/10/25 5:59 PM
うけるね〜、手袋買おうとしてるおじいちゃん、裸足(笑)
気温差に風邪をひかないようにね。
Comment by サリー @ 2007/10/24 10:12 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ