<< 頑張る女性 | main | キャメル・サファリ >>

タージ・マハル

10月28日

インドと言えば。

「タージ・マハル」より、「カレー」と連想するのは私だけ?
とにかくインドの世界遺産で有名なタージ・マハルへ行ってきました。

インド入る前は、私は「別にタージ・マハル見なくても良いよ」と言ってインド入国を嫌がっていたにも関わらず、今は「インド来たからには見るべき世界遺産」なんて思ってます。

ちなみにタージ・マハルって、当時の皇帝が現在のお金に換算して約20兆円と22年間の歳月をかけて建設したとか。しかも最愛の妻の死を想って・・・ひゃー。
あげく後にムガル帝国は傾く原因になって、息子に幽閉されるなんて皮肉な話だけれど、そんなにも愛されてた奥さんは幸せだったろうな。
あ、別に奥さんに費やした金額の問題じゃなくてね。キモチの問題。

そしてイスラム建築って、なんか落ち着く。
タージ・マハルの後は近くのアーグラ城(皇帝が幽閉された場所がある)も行き、ここもまた幾何学模様が使われていて、好きなデザインだった。

ところで、ここで観光した時に気づいたんだけれど、私はどうやらインド人に子供に思われてるようだ。

アーグラ城で修学旅行の女学生達がたくさんいて、「なんか初々しくて良いなー」って思ってたら、日本人が珍しいのか皆が集まってきて、誰かが私のほっぺたを「プニッ」ってつまんだ。

タージ・マハルでも中学くらいの男の子達が「どこから来たの」とかお決まりの台詞で話しかけてきたのは良いけれど、「バイバイ」ってほっぺたをペタッって触って去って行った。

アムリトサルでも花火見てたら、横のオバちゃんが私の二の腕を「プニッ」ってつまんでた。ビックリして見たら「ウフ、触っちゃったっ」みたいな感じで笑ってた。

カジュラーホでも、けんぽこ、インド人に「彼女はお前の子供か?」って言われてた。
(「違うワイフだ」と普通に返答してたのもウケるけど)

ただ、やっぱりナメられる事も多い。
バスの休憩中、小学生くらいの男の子が、私にトイレを連れて行くのに、私の腕を引っ張って離さなかった事もある。痛いと言っても聞かず、バシって叩いても「オォ!!」って笑って離さない。ナメてる・・・。この間だって歩いてたら、小さい子供達が大きいリュックを背負ってる私の背後でリュックをいじったり、押したりしてるし。たまに小石を投げつけてくる子もいる。

大人に見られていない大人として、どう対応に出たら良いのか考えることもある。
怒ったほうが良いのか、逆に調子に乗られるのも嫌だし・・・今のところ無視してるけど。

確かに153cmで背丈が低く、女の子で(子とは言えない歳だけど)、髪も大体結んでるから幼く見えるんだろう。とくに日本人は童顔だし、私は特に。

目じりや口元のシワも知らずに・・・フフフ。それはちょっと嬉しかったりもする。

まあ・・・良くも悪くもいろいろあるって事だね。

朝もやに包まれて壮大な景色だった。


幾何学模様がちょっとおしゃれなアーグラ城。

けんぽこはどこだ?

またまた、けんぽこはどこだ?
hirominami * 11ヶ国目〜インド * 21:24 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

コメント

☆サリー
そうかぁ、そしたら私達も他の国でもいたずらされるだろうねー。他の国ではあんまり無かったんだけどねー。トイレ覗かれるくらい。卵あたったんだっけ?生卵??ひゃー。

☆はるっぺ
ハガキ届いたんだね、良かった!!!
そうだよね、この写真とか見たらディズニーランドって思うかもね!!アムリトサルっていう所に行った時も花火が上がっててディズニーみたいだったよ。ムービーもあるので見てみてね!!
Comment by hiromin @ 2007/11/11 5:32 PM
今、一緒に息子と写真見てたら「これ、ディズニーランド?」
って言ってました(笑)「インドだよ」と言ったら
「あぁインドか」だそうです…。

ひろみん子供に間違われてるんだ〜!うん、わかるわかる。
いっそ、子供になりきっちゃう??料金半額とかならないのかなぁ。
じんましん良くなってきてよかったね☆
*インドからはるばる葉書が届きました!ありがとう(^o^)
Comment by はるっぺ @ 2007/11/10 9:34 PM
いいなぁ、タージ・マハル。
あそこに行くのは夢。
写真でも壮大さがわかるね、実物みたら感動しそう!

しかしインド人やるねぇ。
他の国ではからかわれなかった?

ヨーロッパでも日本人をからかう子供達はいたよ。
ご存知の通り頭に卵がヒットしましたから、うちの相方さん。

ケンポコを探せ!写真ウケルね。
いたいた。
Comment by サリー @ 2007/11/10 6:51 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ