<< アレレ(?)ッポ石鹸 | main | イスラエル入国 >>

偉大なキッコーマン


キッコーマン醤油で和風パスタを作りました!

アッサラームアレイコムパー

只今、レバノンのベイルートに来ています。

アレッポの後、ハマ滞在⇒パルミラ滞在⇒ホムス経由でレバノンに入り、トリポリ経由でベイルートに到着。

・・・にしても中東はどこも暑い!!!

あまりの暑さに1日の外出時間は数時間ほど。
バテないよう意識してご飯を食べているけれど、最近シュワルマやチキンなどのアラブ料理も飽きてきました。

そんな時に私達を救ったのが、これ。

キッコーマン醤油。

SOY SOURSEって書いてある、どこ産か分からない醤油じゃダメ。
中国製の醤油でもダメ。
やっぱり日本人としては、本来の味じゃなくては。

長期旅行者の間で「どこどこの店で醤油買えたよ!」「えーっ、本当?いくら?」「高い〜、でも買おうかな」とか繰り広げられている醤油の話題はアツいものがある。
宿にある情報ノートにも各地の醤油入手情報が書いてあったり。

実際、私達もシリアのハマで情報ノートを見て、観光だったらそこまで頑張らないのに、キッコーマンの為なら店を探してまで暑い中歩いたあの日。
結局お店は見つけたものの置いてなくて買えなかった・・・。

でも嬉しいことに、ようやくここベイルートに来て醤油が買えました!
しかもシリアより安い!!!
白味噌も売っていたんだけど、あまりにも高くて手が出せず・・・。

ひとまずは醤油を買って「やったぁ!」と喜んでたら、後日、ビブロス遺跡近くの「HAGE SUPER MARKET」にさらに安く売ってました・・・。
(この店の名前にけんぽこが異常に反応したので店を調査!!!)
でも良いんです。キッコーマン醤油が今、この手にあるのですから。

もうすぐ日本は七夕ですね。
皆さんは何を短冊にお願いしますか?

今、私がお願い事を書くとしたら、「ブタ肉食べたい」だな豚

なぜなら、ここはイスラム圏。
ブタ肉はどこにも無いんです。

早く買ったキッコーマン醤油で、しょうが焼き作りたいな。

赤りんご世界一周新婚旅行2年目突入赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!
hirominami * 28ヶ国目〜レバノン * 01:12 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

コメント

☆さっちゃん
久しぶり!!!元気にしてますか?
そうだったね、さっちゃんは去年レバノンは入れなかったんだよね。「そんな事絶対ありないのに!!!」って言ってたのを覚えてるよ。レバノンは物価が高くて、自炊してたんだ。
レバノン料理はシュワルマしか食べてないの。
(レバノン料理じゃないか!?)
シリアは私達もいろんな人に親切にしてもらって、かなり評価が高いんだ。レバノンからシリア戻って、なんかホッとしちゃった。
それに比べて、ヨルダンは・・・エジプトみたい!笑
正直屋探しに気が抜けません!

☆Madoka
お久しぶりです!
すっかり暑さにやられバテバテ中です。
中東料理はやっぱりぐるぐるチキンですよね!!!
今のところ行った国で美味しさランキング付けるとしたら、

1.イエメン
2.エジプト
3.後は同じくらいかな?

中東は微妙に料理も違うけれど、ほとんど同じだから飽きてきちゃいました・・・。
早くヨーロッパに行きたいです!!!
(物価高でますますご飯食べれなそうだけど)
Comment by hiromin @ 2008/07/15 4:03 AM
食を作るなら、お醤油はかかせないですよね〜〜〜

しかも、飽きやすい中東料理を食べていると(^^;

でも、いまは中東で食べたグルグルチキンが恋しいです〜(ToT)

七夕に願うなら、

あの頃に帰りたい・・・

そう書きたいです(^^)

暑さに気をつけてくださいね!
Comment by Madoka @ 2008/07/08 9:58 AM
ひろねえさん、けんにいさん、お元気そうでなによりです。
もうレバノンでしたか!私もホムスからトリポリ行きのバスに乗る予定だったんですが、時期悪く、バスの全てがメッカに行くと言われて、泣きながら断念しました。ホムスの宿で英語全く話せないシリア人、でも不思議なくらい通じて、たくさんの親切を頂いたのを覚えています。ヒゲのおやじ。
ひろさんのお願い事、切実(笑)レバノンは中東の台所、でしたっけ?行ってみたかったなぁ。。日本に比べたら限られた食文化だけど、おいしいもの探してきてください♪
明日晴れたら、天の川見たいです。きっとお二人も空を見上げるのでしょうね。世界は繋がってますか?
よい夏を!
Comment by さちこ @ 2008/07/06 10:37 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ