<< 日本人で良かった | main | いい湯だな。フフイの温泉。 >>

すき焼き万歳


このー木、何の木、気になる木。パラグアイのトリニダー遺跡内で。

今、ボリビアのポトシにいます。
今日の夜行で、ラ・パスに向かいます。あー、日本食屋「けんちゃん」が楽しみ。

しばらくネットができなくて、ひとまず前回のブログの続き。
(今から、2週間前の話)

イグアス移住地の後、シウダーデルエステからエンカルナシオンへと移動しました。

ここエンカルナシオンは、ブラジルビザが3ヶ月即日で取れるのですが、先にブラジルビザを取ってしまうと取得してから3ヶ月以内にブラジルに入国しなければならないため、予定の決まらない私達はまた後で来ることにしました。

ひとまず、せっかく来たのだからエンカルナシオンで観光!って言うことで、パラグアイの世界遺産「トリニダー遺跡」へ行くことに。

この「トリニダー遺跡」が、なんともまぁ・・・マイナーな世界遺産でして。

その前に、シウダーデルエステからエンカルナシオンへ移動するバスに乗った時の事。
舗装されていない道路に揺られてウトウトしていたら、

バン!ガタガタガタ!!!

爆発音がしたので何事かと思っていたら、バスは停車しドライバーが降りていきました。
どうやらパンクのようで、こんな何もない道でパンク!!?と心配していたら、バスに乗っていた現地の人達は、取り立てて慌てずにバスから降り出して、木陰へと、ああ、またかと言わんばかりにワラワラ歩いていきました。
きっとパラグアイではよくあることなのでしょう。

青空の中でタイヤがパンクして、ドライバーが棒で何かやってる。

そんな傍らで、また落ち着いていたのがイグアス移住地で合流して、一緒に移動していた"ゆにぷろ夫婦"
こちらの夫婦はトラブルパッカーと呼ばれ(勝手に私達が呼んでいる)、世界各地で様々なトラブルを呼び起こす・・・いや、乗り越えて旅をしているご夫婦。
さすがの二人はパンクは慣れた様子で、「またぁ〜!?」と飽きれていました。

運転手は棒でガツガツとタイヤをいじるも、パンクが直る訳もなく、すぐに諦め、バスは動き出しました。

ガコンガコンと音を立てながら進んでいくバスは、ゆっくり進んでいくので、私達は「えぇー!いったいどれだけ時間がかかるの?」と憂鬱になっていたけれど、5分ほど走った先に、なんとタイヤの修理屋さんがありました。

これは何とも不幸中の幸い! もしくは、タイヤ修理屋さんの陰謀?
すぐにタイヤの修理ができたのでした。

これまたのどかなタイヤ修理屋さんで。


大型バスのタイヤがゴロンとなっているのを、皆で見届けているところ。

2年近く旅をしていて、バスがパンクに合うことも無かったし、もちろんバスのパンク修理も見ることがなかったので、これはこれで新たな経験ができたので良かった。これも全ては"ゆにぷろ夫婦"のお陰です!(←ヒドイ言いよう)

こうして、何とか無事にエンカルナシオンに到着した私達は、次の日にマイナー世界遺産「トリニダー遺跡」へと行ったのでした。

さて「トリニダー遺跡」へと、バスで揺られること40分程。

そこには、分かりずらーい目印のトリニダー遺跡の看板がありました。
隣のお兄さんや、バスの運転手に場所をしつこく聞いて良かった・・・。

入口も「えっ、ここが世界遺産ですか?」と思わせるほどの申し訳無さそうな門があり、入っていくと普通に民家があったり村になっているので、ますます期待減少。

幹線道路沿いにある、トリニダー遺跡の入口。

しばらく村の中を歩くと、ようやくトリニダー遺跡のチケット売り場に到着しました。
さてはて、世界遺産のお値段は・・・5000G(約100円)!!!
物価の安いパラグアイとは言え、破格です。ちょっとおトク感味わいました。

そして、問題の遺跡は・・・うん。まあまあ。
このお値段にして考えてみれば、良いのではないでしょうか?

期待してないで行ったら、意外に良かった。

なかなか状態も良いし、何よりも良かったのが、客が全然いない!!
私達が入場した時は現地人ぽい人達が2組いたけれど、すぐに見終わって、さっさと出て行ってしまいました。
そうなるとスタッフも入場口にしかいないので、私達だけの貸切状態。

トリニダー遺跡はなかなか広い。

この広ーい敷地に遺跡と私達だけ。
世界遺産を独占です。
ちょっとしたお散歩気分で来たら、かなりの贅沢感を感じることができるでしょう。

なにより空が青くてキレイなのだから、それだけでも満足。

なぜか天使の彫刻に、インカっぽい遺跡が載せられている。


お客が誰もいないので、貸切状態!!!

そして、もう1つ。
エンカルナシオンに来たら是非オススメなのが、日本食屋「広島」のすき焼き。

ちゃんと、甘辛いすき焼きなのです。


やっぱり、すき焼きには生卵でしょう!あぁ、自然に顔がニンマリしちゃう。


イグアス移住地のペンション園田で、日本食を最高に堪能したはずなのに、かなり感激しました。

すき焼きといえば、ネパールで食べたけんぽこの誕生日以来。
皆で、このすき焼きをつついて、また食べたいな。

そして、すき焼き2人前(しかもご飯2杯付)のお値段は、28000G(約600円)!!!
安い!そして、冷たい麦茶もピッチャーで運ばれ、お代わり自由!

お味もやばいです。これは日本で食べても美味しいと思う。
あぁ、またしばらくしてエンカルナシオンに戻って、このすき焼きを食べに来よう。
ブラジルビザはむしろ、ついで?

長期旅行者は、エンカルナシオン来る価値ありですよー。

ただ、難点が1つ。

ご飯が追加でお代わりすると、4000Gと高い・・・。
スーパーで買えば米1kg買える値段なのに、うーむ。

タッパーにでも入れて、隠して持ち込みしようか。次回の課題だ。

赤りんご世界一周新婚旅行、そろそろ2年赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!
hirominami * 54ヶ国目〜パラグアイ * 07:46 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

コメント

☆田形さん
日本の国産牛ですき焼き!
佐賀に行きます、行きます!!!
バス故障はアジアで日常ですもんねー。
ネパールは国際線の飛行機もですよね(笑)
Comment by hiromin @ 2009/02/10 11:52 PM
すきやき,よいですねえ。
お肉は,どうでしたか。ここ佐賀は,佐賀牛,伊万里牛が名物。すきやきも,とても美味しいですよ。こちらに来たら,ご馳走しましょう。

パンク修理は・・・・。私も,パンクはなかったけど,アジア旅行中は,バスが故障でしょっちゅう停まりましたね。パキスタン,カンボジア,ネパールなどなど。懐かしい。そこで,暇なので,地元民や他の旅行者とも話ができるのも,楽しみでした。
Comment by 田形祐樹 @ 2009/02/10 8:01 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ