<< いい湯だな。フフイの温泉。 | main | アルゼンチンの谷村さん >>

ウマワカ生活


プルママルカの七色の丘。晴れるとすごくキレイ!

最近、ラ・パスでは夜に大雨が降っています。
昼間もよく降っているけれど、一昨日の夜はみぞれまで降っていた。
昨日、一昨日と夕飯を食べに行った帰りにびしょ濡れになったせいか、
今日は風邪をひいてしまったので、部屋でお留守番中。
けんぽこは私を置いて観光しに行きました。

あーあ、"月の谷"行きたかったんだけどなぁ。

さて、フフイの温泉に行った後のお話。(今から2週間前)

フフイの町から北上して、世界遺産のウマワカ渓谷を見ることに。
私達が行ったルートは、

フフイ1泊⇒プルママルカ1泊⇒ティルカラ日帰り観光⇒ウマワカ1泊。

これらの村を転々としながら移動していきました。

アンデス山脈の麓であるこの周辺は、乾燥地帯なうえに標高3000mを越えるので山も緑が無くなり岩山が増えてきます。
移動中のバスの中から見える景色は岩山だからと言って殺風景ではなく、七色の岩山や奇岩、あちこちにニョキニョキ生えたサボテンがたくさんでした。
大きなアルゼンチン、同じ国でも地域によって環境が全く違います。

プルママルカの村から七色の岩山を望めます。


プルママルカの村の入口。岩山にたくましく育つサボテン。


お土産にニャンコをどうぞ。

そんな様子で、少しづつ標高も上がっていき、移動も大変そうだから体力つけなくちゃ、とご飯をいっぱい食べたのが裏目に出て(←アホでした)、プルママルカに宿泊した日の夜、私が胃腸を壊してしまいました。
胃痛と下痢がひどくて・・・食べ物にあたったのか、標高高いところでガツガツ食べたから消化不良で胃腸を壊したのか・・・。

ティルカラでも歩くのがしんどくて、皆が日帰り観光している間、バス停で3時間ボーっと待っていました。(ここでも、けんぽこに置いてきぼり)

全く高山病にかからない人もいるし、何だろうね?体質とか体調によるのかねぇ?
とは言え、私は、チベットでも前回のラパスでも、毎回標高が高いところでは決まって高山病にやられているけれどね・・・。
「あぁ、またか」って感じです。

こういう標高が高い場所に限らず、生きるのに厳しい環境の中で住んでいる人達を見ると、いつも人間の適応能力ってスゴイなって思う。 寿命や健康面に影響は出てくるとは思うけれど、その土地ならではの知恵を持って生きているんだなと感じたりして。

何気ないキオスクも日干しレンガ造り。


民家の入口。そして観葉植物はサボテン?

私は観光していて、あんまり歴史的なものとか、キレイな建築物とかに興味は沸かないけれど、大自然とかはやっぱり飽きないし、大自然+プラス「こんなところに人が住んでいるなんてっ!」っていう、自然の中にある人の生活、集落や村などを見れると感動しちゃいます。
たとえ、それが何気ない移動中のバスから見た風景だったとしても。

きっとそんな知らない世界がまだまだたくさんあるんだろうな。

まあ、そもそも私は貧弱パッカーなので、過酷な場所には行かないけどねぇ。

赤りんご世界一周新婚旅行、そろそろ2年赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!
hirominami * 49ヶ国目〜アルゼンチン * 02:50 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

コメント

☆田形さん
アクティブではない、自然派です。
日本に帰ったら、田舎に住みたいです。
山登り良いですね!楽しみにしています〜♪
Comment by hiromin @ 2009/02/22 12:51 PM
ひろみんさんは,自然派なのですね。
日本に帰ってきたら,けんぽこさんも一緒に,山に登りましょう。ガイドしますよ。
Comment by 田形祐樹 @ 2009/02/14 10:09 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ